toggle
diary

花と繪の往復書簡 西村玲子の花の世界へようこそ

IMG_3772
 
イラストレーターでエッセイストの西村玲子さん。
ほとんどの女性なら彼女のイラストをどこかで垣間見たことがあり、
エッセイも読んだ経験がおありかと思います。
 
熱心なファンの方はご著書をたくさん持たれていることでしょう。
 
 
ずーっと以前から西村玲子さんは、
時々ジェンテで花をご購入してくださっていたそうで、 
粗忽者の私はそんなこととはつゆ知らず、
(ジェンテにお越し下さる著名人の方々には本当に申し訳ないです)
おそらく普段通りにその花の特徴や生産地のことを嬉々として話しながら、
販売をさせていただいていたのだと思います。
 
数年前に青山のランジュパースさんにきちんとご紹介していただいてからは、
「本当に花が好きな方なんだなぁ」
「謙虚で素敵な女性だなぁ」
「ヒナゲシのような方だなぁ」
「決断は早くて男っぽい部分もあるなぁ」
など、改めて西村玲子ファンにならざるを得ないような、
すてきな素顔を拝見さていただいていたのでした。
 
 
ジェンテが今の場所に移った時にすぐにいらしてくださって、
アトリエの部分をご覧になって、
「この空間で何かしたいわ!」
「素敵なスペースだわ」
とおっしゃってくださったので、
「では先生の個展をしてくださいよ」と図々しくお願いしたのが
2015年のクリスマスの夜でした。
 
 
西村玲子さんといえば、魅力的な女性のイラストがすぐに思い浮かびますが、
今回はジェンテでしかできないことをしたいなと思い、
花のイラストでということでお願いいたしました。
 
そのために、季節を追って、私が束ねたブーケを西村先生にお送りして、
それを先生がイラストにしてくださるという、
まさに「往復書簡」のような日々。
 
西村先生がこのブーケをどんな風に捉えてくださるのだろうと想像すると、
なんだかドキドキ緊張して、ワクワク期待したりしておりました。 
 
 
途中、先生がお忙しさのあまりだと思うのですけれど、
病に伏されたとのニュースを聞き、
一度はこのイベントを諦めかけたのですけれど、
先生は病院のベットでも、
私のブログやインスタグラムなどをご覧くださり、
それをイラストにしてくださっていたとのこと。
  
  
もう、申し訳ないやら、悲しいやらで、
急いで直接ご連絡を取らせていただきましたら、
「花を描いていると元気になるの」とおっしゃってくださり、
「イベントも予定通りやりましょうね」
との嬉しいお話しもいただきました。
 
 
 
それからは今までに輪をかけてより一層、
季節の移ろいや、
花の香りや、
葉や花の感触や、
いろんなことを感じていただきたくて、
なるべくピンポイントに花をお送りしてきました。
 
 
 
そして、ようやく、それが今回形になって実現いたします。
  
 
 
IMG_3773
 
 
「花と繪の往復書簡  西村玲子の花の世界へようこそ」
 
日時   2017年6月29日(木)〜7月1日(土) 11:00~18:00
 
会場   gente 店内
     180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-48 map
     

内容   ⚫︎ 西村玲子のイラストレーション
        ジェンテの花を描いた原画の展示販売
       (作品のお渡しは会期終了後となります)
 
     ⚫︎ 花の小箱 西村玲子作 限定販売
        
     ⚫︎ チクチク手仕事
        西村玲子監修の手芸小物とキットの販売
 
     ⚫︎ 梅雨のブーケ
        並木容子がお作りする季節のブーケの販売
 
     ⚫︎ 青山ランジュパースによる花瓶の販売
        フランスアンティークの小物と花瓶
 
 
 
なお、今回は全体のコーディネートを青山ランジュパースさんが
行ってくださいます。
 
店内を私以外の方がコーディネートして下るのは初めてのことで、
それもとても楽しみです。
 
 
 

西村先生は体調が整えばお顔出しもあるでしょうか?
まだわかりませんが、
青山ランジュパースさんが会期中はいらしてくださいます。
 
 
西村先生ととても親しい友人でもあるランジュパースさんの、
ソフィストケイトされた世界観も合わせてお楽しみくださいね。
 
 
 
店は通常通り営業しておりますので、
合わせて季節の花もお楽しみください。
  
 
 
 

    

花のこと、もっと「Feel the herbs vol.2」

母の日ウィーク突入の最中ですが、
イベントのお知らせです。
     
  
さて、満を持して「 Feel the herbs vol.2 」 を開催いたします!!
今年も四国 高知県の「まるふく農園」を 中心に、
参加メンバーも増えて内容もより一層充実します。
 
    
      
「Feel the herbs vol.2」
   
6月3日(土) 10:00~18:00
6月4日(日) 10:00~17:00
 
 
◆出展者
  
まるふく農園
 ハーブの苗の販売。初夏のハーブ、たくさん並びます!
 今年もご希望の方にはおしゃれな寄せ植えをしてくださいます。
 直接店頭でお申し込みください。
 ハーブの香りと優しい土佐弁と彼の優しい人柄で、
 何倍もの安らぎを感じていただけることと思います。
 フレッシュハーブティーのためのワークショップもあります。
 
   
まなべ商店
 四国の食を知り尽くしたまなべ久美さんの厳しい目で厳選された、
 体に良いものでスペシャル美味しいものがやってきます。
 昨年は初日のお昼にはほぼ売れてしまっていましたので、
 今回は多めに持ってきていただく予定です。
   
 久美さんに直接質問していただければ、
 なんでもどんなことでも答えてくださいます。
 その食材を使ったレシピも、その場で3つくらいは出てきます。
   
 こんなに食に対して真面目で熱心な方と私は初めて出会いました。
 撮影などの現場で、料理研究家の方とご一緒することもありましたが、
 心から食を楽しんで、地のものを大事にし、
 それをさらに膨らませながら言葉にできる方は、
 久美さんがダントツでしょうか。
 
 私に少し似ているなぁと思うところがあるのは、
 食材たちがどうやって作られているのかを
 自分の目で確認しないといられないという性分。
 すべての産地に直接出向いて、
 どんな場所でどんな方が、
 どうしてそれを作っているのかを
 しっかりわかっていらっしゃいます。
     
 そのお話を聞くだけで、ワクワクしてしまうし、
 なんだかお腹が空いてしまって、白いご飯が欲しくなってしまうんです。
 とにかく、久美さんがオススメしてくださったものは、
 本当に全て美味しいです。
   
  
下本一歩 
 孤高の竹作家さん。
 高知市内の鏡川沿いに自生する竹を切り、
 自作の窯で1週間燻してから加工した
 使いやすいカトラリーを作られています。
 前回あっという間に売り切れてしまったお箸を、
 今年こそゲットしてください。
 トングもおたまもおしゃもじも全て使いやすくて素敵なのですが、
 一歩さんのお箸でいただく白いご飯は、
 日本人に生まれてよかったと思える逸品です。
 私も自宅で毎日使っています。
 また、彼が作る竹炭は、ご飯を炊くときに一緒に入れると、
 ただの白いご飯がスペシャル高級ご飯に変わるという劇的商品です。
   
 今回は一歩さんのご希望により、ワークショップも開催してくださいます。
 彼が大事に燻してくださった竹を使って、
 お好きな形のスプーンを作ってみてください。
  
    
Equivalent
 昨年のイベントでは美味しいランチプレートを作ってくださった
 Equivalentの深田名江さん。
 今回は、herb cafe を開催してくださいます。
 まるふく農園のハーブを使ったハーブウォーターとお菓子の販売。
 彼女の独特の世界観と美味しさをぜひ味わってください。
 ドリンクとデザートはテイクアイトしていただけます。 
メニュー
 ドリンク
  エルダーフラワー
  ベルガモット バニラ
  ローズ
  チャイエキゾチカ
 デザート
  イチジクとマスカルポーネのケーキ
  ロールケーキ
  ビーガンスパイスクッキー
  
 他にもレシピが増える可能性あり。
 また、まるふく農園さんのワークショップで作ったティーブーケを使って、
 ハーブティーをお飲みいただくこともできます。
    
    
     
花や草青む
 今回、初参加です。高知で有名なおしゃれ花屋さんに13年勤めたのち、
 一昨年から独立されて「花や草青む」を立ち上げられました。
 
 独立前に少しだけジェンテでもお手伝いいただいていたので、
 彼女のお顔を見たことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。
 今では全国のマーケットなどに呼ばれて
 多くのファンが彼女の元に集まる人気作家さんになりました。
 ヨカッタ、ヨカッタ。
 彼女の可愛い笑顔と同様、
 ちょっとキッチュなおしゃれ作品をたくさんつくらています。
 私以外の方がジェンテの中で
 花の販売やワークショップをするのは初めてのことのですが、
 私が作らないような(またはもう作れないような?)
 若さ溢れる今時の作品をぜひお楽しみください。
 ワークショップもぜひご参加下さい!
   
   
ATELIER ESSENCE
 今回、初参加です。
 ハーブや香りのオリジナル商品を販売される、
 透明感あふれる素敵なお店を高知市内にお持ちです。
 また自家農園で作ったハーブのオリジナルポプリや
 オーガニックのアロマオイルを、
 それぞれ調合してオリジナルの香りを作り出してくださいます。
 私も今年、梨紗さんに相談して、
 自分のオリジナルの香りを作っていただきました。
 市場に行く早朝、この香りを車の中でサッと噴いて、
 気持ちを入れ替えてから仕入れを始めています。
 
 モデルもしてらしたという美しい梨紗さんと相談しながら、
 自分の香りを作るひとときは、極上の時間になることと思います。
   
    
   
    
    
   
   
◆ワークショップ 
  
ティーブーケづくり
  まるふく農園ハーブブーケ1
   
講師:まるふく農園 楠瀬 健太
日時:12:00~ / 14:00~(両日共)
料金:2,000円(税込)
定員:各3名
  
 
*要予約
お申込みはこちら⇨tea bouquet
 
    
  
    
    
燻した竹でつくる小さなスプーン
    
3__#$!@%!#__不明
    
お好きな形をお選びいただけます
講師:下本 一歩 日時:11:00~ / 16:00~(両日共)
料金:3,000円(税込)
定員:各3名
 
 
*要予約
お申込みはこちら⇨spoon

     
   
     
   
はんぶんリース
    
kusaaomu1
     
〈素材やお色味は各自異なります〉
講師:花や草青む 西森友美
日時:13:00~ / 15:00~(両日共)
料金:5,000円(税込)
定員:各3名
 
 
*要予約
お申込みはこちら⇨ half wreath

   
    
      
自分のためだけの フレグランスミストの調香
    
essence1
     
講師:ATELIER ESSENCE 竹内 梨紗
時間:お一人 30分程度 料金:3,500円~(税込)
 
 
*当日随時受付
    
    
 
    
     
二日間という短い時間ですが、
どうぞ、高知の土地の豊かさを身体中で味わっていただければと思います。
  
    
なお、イベント中は混雑が予想されますので、
ジェンテ内に自転車を置くとこができません。
自転車は武蔵野市の公共の自転車置き場に駐輪されるようお願いいたします。
     
   
また、今回は私のワークショップはございませんのでご注意ください。
  
ジェンテ店内では、
まるふく農園のハーブを使ったブーケの販売をしております。
夏の切り花と合わせてオリジナルのブーケをお作りすることもできますので、
お気軽にご相談ください。
 
 
久しぶりのイベントです。
ぜひご参加下さい!

  

 

母の日ウィーク

IMG_3015

いよいよ週末に母の日を迎えます。
 
今年もたくさんのご注文、ありがとうございました。
もう10年以上続けてご注文くださっている方も多く、
もちろん初めましての方もあり、
とにかく、それぞれのお母様が喜んでくださるように、
心を込めてお作りしたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 
  
メールマガジンにご登録いただいております皆様には、
昨日、6月イベントのためのメルマガ、配信致しました。
 
以前ご注文をいただいたことがあるお客様には、
週末あたりにお知らせのDMをお送りいたします。
 
また、母の日が明けたら、
こちらのブログでもご紹介いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
さて、明日から怒涛の日々の始まりです!
 
 
 

2017-05-09 | diary, お知らせ
1 2 3 4 5 132