toggle

花束抱えて、彼のもとへ!

青山ランジュパースさんでのイベントのご報告です。
 

 
 
春浅い小雨の中、大勢のお客様にお越しいただきまして、
まことにありがとうございました。
 
 
途中、花束を追加したりして、
私が不在の時間にお越しいただいた皆様、
お会いできず残念でした。
 
 
「ランジュパース」の言葉通り、
(「L’ange passe =天使の通り道」)
店内にのんびりした空気が流れ、
目に見えぬ天使たちが飛び交う昼下がりに、
春のブーケを連日10点ほど展示販売させていただきました。
  
 

 
 

 
 

 

 
 
即、売れてしまった花束もあり、
なかなか写真をゆっくりは取れませんでしたが、
私にとっても本当に特別な時間となりました。
 
 
 
 
 
オーナーのオリーブさんが今回のために作って下さった、
特製ランチのメニュー。

  
美味しすぎました・・・
というわけで、画像無しです。
だって、美味しすぎて、黙々いただいてしまったから。
  
  
 
 
 
ゆったりした時間と温かい空気の流れる中、
今回のイベントのタイトル
「春あさき、花束」に続く言葉を、
俳句か短歌で詠いましょうということになりました。
 
 
まさに大人の遊びの時間とでも言うのでしょうか。
 
バターが入ってないのに甘くて美味しいケーキのデザートと
スペシャル美味しいお紅茶をいただきながら、
しばし、みなさま頭をひねらせました。
  
 
 
会期中、みなさまに詠んでいただいた詩から、
オリーブさんが選出されたものが、
ランジュパースさんのブログに掲載されております。 
 
 
 
みなさま瑞々しく、
輝くような詩をお詠みになったので、
びっくりしたり、うれしかったり。
  
 
 
中でも、ランジュパースさんのお客様で、
とてもチャーミングな女性が詠われたのが、
 
「春あさき、花束抱えて、彼のもと」
 
という一句。
  
  
 
そんな! 
ストレートに!?
「彼のもと」???
「きゃー!」という大騒ぎになって、
「彼って誰よ〜?」と質問攻めに合って、
ご本人が大笑い。 
 
ご一緒にお食事をなさった方々も私たちも、
つられてみんなで大笑い。
  
天使たちの笑い声も混ざりながら
ランジュパースさんの店の中にこだましていました。
 
 
 
また、いつの日か、この素敵でスペシャルな空間に、
花を飾らせていただけたらと思います。
 
 
お越しいただいたみなさま。
そして、オリーブさん、
本当にありがとうございました。

 
  
  
 
 
 
  
 

2015-03-10
関連記事

コメント2件

  • みっち より:

    素敵な大人の遊びの時間のお話を、
    お聞かせいただきありがとうございます。
    まるで別世界に住んでいるような私ですが、
    「彼のもと」素敵すぎて、うふふです。
    なみきさまのお詩も、気になります。
    こっそり教えてくださいね。

  • なみき より:

    みっちさま、ありがとうございます。
    本当に大人の上質な時間でした。
    素敵な大人の集まりの中で、
    ヒヨッコの私の句は残念ながら、
    皆様の口の端にも登りませんでした。
    人生、まだまだ勉強です。

  • なみき へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です