toggle

「毎日のフラワーアレンジ」

すっかりお知らせが遅くなってしまいましたが、
この春、日本文芸社から久しぶりのわたくしのアレンジメントの本
「毎日のフラワーアレンジ」が出版されました。
 
 

 
 
 
お話をいただいたのはもう1年以上前で、
本来ならば昨年末に出版予定だったものです。 
 
 
でも、せっかく作るなら・・・・と、
季節を追いながら、その旬の花を撮影したいと、
勝手な希望を申し上げました。
 
そして、それを快く引き受け入れてくださった、
やさしい編集者の方々に恵まれて、
こうした本にしては珍しく、
半年くらいの撮影期間を経て、
ようやく形になったものです。
 
 
 
いわゆる「How to」本なので、
すべてのアレンジに作り方が細かく載っています。
 
つまり、すべてのアレンジの作り方を撮りました。
 
 
どうも、本能的な仕事の仕方をしている私にとっては、
こうしたHow toが少々苦手でして、
なんとか、カット数を少なめに、、、、なんて思っていたのですが、
その目論みはあっけなく却下となり、
編集者の方と相談しながら、
できる限り多くの方がご覧になって、
わかりやすく、丁寧に、
かつ、複雑になりすぎないような手順で撮影させていただきました。
 
 
テーマとしては季節の花そのものをピックアップ、
できるだけ気軽に花を飾っていただけるように、
なるべく使う花の本数は押さえました。
(押さえきれないものもありました)
 
 
 
ご自宅で飾るための小さなアレンジメントが、
花初心者の読者への参考になるというアドバイスのもと、
どなたでも、どこでも手に入るような花を使って、
できるだけ簡単に見えるようなアレンジにしたつもりです。
 
 
こうした本をご覧になった一人でも多くの方が、
「あ!そうだ!花を買ってこよう!」
と、思ってくださったら、
もうそれで、私の仕事は全うできたようなものです。
 
  
誰でもがお家に花を飾って、
その息吹、
香り、
命の変化を
体で感じてくださることが当たり前のような
そんな暮らしになればいいのに、、、、と思います。
 
 
 
以前にもブログに書いたような気がしますが、
私が花の仕事をしているのは、
「私の花を見て」
「私はこんな素敵な花を生けますよ」
というような、
いわゆる “自己表現” がしたいわけではなくて、
「こんなに素敵な花がこの世にありますよ」
「この花のいいところはここだと思うんです」
「あの花と一緒に生けたらもっと素敵じゃない?」
というような、
素敵な花とそのアレンジメントの紹介がしたいだけなのです。
 
 
花はみんなきれいです。
だって、生きているんですもの。
 
そして、それは人間も一緒ですよね。
 
 
だからこそ、
「わたし、この花のここが好きなんです」とか
「この花と合わせてみたらこんなに素敵になりましたよ」とか、
「香りを放つって、命と引き換えなのね〜」というような、
花を楽しむヒントみたいなことを語りたいんです。
 
 
 
そうした意味で、この本が少しでも、
花を遠い存在と感じている人々にとって、
身近に感じていただける材料になればいいなと思います。
  
 
 
  
ちなみに、お客様や生徒さんからは、
「How toがついていて、ものすごく参考になる」とか
「こういう本を待っていました」
などと、
たいへんご好評をいただいております。
   
 
 
ここだけの話しですが、   
口が裂けても「How toはやりたくなかったのよ〜」なんて言えません。
  
  
 
 
 
 
「毎日のフラワーアレンジ」は、全国の書店、
または、ジェンテでもご購入いただけます
 
 
 
 

 
日本文芸社  1.365円
 
 
 
 
 
  
  

2010-07-07
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です