toggle

フォト講座


 
 
生徒さんの別荘のお庭に咲いたジャーマンアイリス。
 
朝摘みして、八ヶ岳から持って来て下さいました。
 
一緒に届いたオルラヤとハッカの花もあわせていけました。
ブルーがとってもきれいです。
 
 
もちろん、ジャーマンアイリスがとってもきれいなのですが、
うふふ、、、、写真もきれいでしょ?
 
 
だって、この写真は、今期ジェンテで行っている
山本正樹先生によるフォト講座の中でご指導いただいたものなのです。
 
 
 
山本正樹先生とは、花時間を通じて仕事をさせていただいて、
かれこれ10年以上のお付き合いになります。
 
 
ただし、個人的に深いお話をしたという覚えはあまりなくて、
(なにせ、大御所のカメラマンさんですから)
いつも、仕事でお会いするだけなので、
そういう意味ではそんなに親しくはないのかもしれません。
 
 
ただ、私にとって山本先生は、
人間的にも、カメラマンとしても、
最大の信頼を置ける、何もかも安心しておまかせ出来る、
プロ中のプロ、「ザ・仕事人」という感じのカメラマンさんなんです。
 
 
今回は特別な先生の計らいにより、
ジェンテの生徒さんにフォト講座をして下さるということで、
私も生徒になって一緒に受講させていただいていますが、
それはそれは、素晴らしい内容の講座となっております。
 
 
花が大好き! 
カメラが大好き!
なによりも、写真が大好き!
という山本先生の熱い想いが心の底まで響いてくる講座内容で、
大変丁寧に、根気づよく、ご指導して下さいます。
 
私も学ぶことが多くていろいろと勉強になります。 
 
 
 
 
ただ、昼間自宅にいることが月に数時間しかない私は、
宿題の自宅での撮影をする余裕がなくて、
あまり出来のいい生徒ではありません。
 
 
ただ、講座もまだ2回が終わったばかり。
これから回数を重ねて、
もう少しだけステキな写真が撮れるようになれば良いのですが。
 
 
 
出来の悪い生徒は、
せっかく届いた魚沼のすずきさんの芍薬「かぐや姫」も
こんな風にしか撮れませんでした。
 
フォト講座の間は、ものすごく写真が上達したかのように思っても、
山本先生のご指導が入ってないと、普段の自分に戻ってしまいます。
  
写真は本当に難しいです。
 

  
   

2009-06-15
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です