toggle

アネ☆モネ

ジェンテには、さまざまなお客様がいらして下さるのですが、
お一人お一人のプライベートなお話しは、
こちらからはしないように心がけています。
 
ずーっとお顔は存じ上げているし、
花や雑貨の好みも存じ上げているのだけれど、
それ以上のことは、お客様からお話しして下さらない限り、
こちらから進んでお聞きすることはありません。
 
 
そんなわけで、その、ずーっとお顔は存じ上げていたお客様のお一人が、
先日、店の取材を申し込んで下さいました。
編集のお仕事をされている方だと、
けっこうこういうパターンが多くて、
お仕事の内容を聞いてギョッとしたりすることもあり、
「早くおっしゃって下さいよ〜」なんて、思ったりもします。
 
しかし、そのお客様は雑誌の編集のお仕事ではなくて、
なんと、漫画家さんだったのです。
 
 
“南マキ”さんとおっしゃって、
その世界では有名売れっ子漫画家さんだそうです。
(すいません、最近の漫画はあまり存じ上げず)
スタッフのぴょん吉によると、
アニメにもなっている『S・A』という漫画が大ヒットだそう。
コミックも16巻まで出ているそうです。
 
そして、今回は読み切りで、
花屋を舞台にした話しを描きたいので、
取材させて欲しいとのご連絡でした。
 
漫画大好き世代ですから、
そりゃもう二つ返事でお引き受けさせていただきました。
あ、一応ホラーではないですよね?などと、
失礼な確認までさせていただいて。。。。
 
 
 
そして、先日その南マキ先生(!)が、
掲載誌をお持ち下さいました。
  
  
「ザ 花とゆめ」6月1日号、『アネ☆モネ生花店』という漫画です!

 
 
この表紙も『アネ☆モネ生花店』です!
(ほら、アネモネの花が飛び散っているでしょう?)
  
  
  
早速読ませていただきました!
 
ひや〜〜〜〜!!!
ジェンテが、ジェンテが、、、、!!
思いっきりロマンス溢れる、とびっきり素敵な花屋になっています!
   
ジェンテの隅々、裏の裏まで、
詳細に(しかも、ランクアップして)描かれています。
 
 
お話の内容は、、、、読まれてからのお楽しみということで。
 
それにしても、こんなイケメン店員さんがいたら、
今頃ジェンテは押すな押すなの人だかりでしょう。
 
あ、、、、
私は、せっかく自分が店を開くのだから、
女の子だけで切り盛りして行くぞ!って決心したんだっけ。。。
いかん、いかん、つい、イケメン君に心を奪われてしまいました。
 
 
思いがけず、ロマン溢れる少女漫画を読ませていただいて、
少女の頃は、夢見る夢子チャンだった自分を思い出し、
しかも、その夢見る夢子スタイルは、
今も衰えることなく(むしろ、膨大にふくらんで)
私の心に存在しているんだと確認いたしました。
 
 
母の日前に、心がホッとする時間を作れてうれしかったです。
 
南マキ先生、ありがとうございました。
 
また、プライベートでゆっくりジェンテに遊びにいらして下さいね。
 
 
 
 

2009-05-06
関連記事

コメント2件

  • りょこ より:

    イケメン花屋さん♪ いいですね^m^
    間違いなく通っちゃいます!!
    いやいや、ジェンテさんがご近所だったら
    イケメン居なくても、間違いなく通ってると思うんですけど。。
    お花とイケメンで2重の癒し効果!?
    そのマンガかなり気になりますが、「花とゆめ」を買う勇気が…(^^ゞ

  • なみき より:

    りょこさん、こんにちは!
    イケメン店員さんのいるお店は、通っちゃいますよね!!
    りょこさん、イケメンさんとの遭遇率高いですものね!
    それにしても、久しぶりに思春期の純愛漫画を読んだものですから、
    すっかり気分は「オトメ☆」な感じになっております。
    あ、リンクしてある「花とゆめ」のホームページで、
    ネット上の立ち読みが出来ますよ。
    ぜひぜひ、読んでみて下さいね!
    ジェンテの裏の裏まで正確に克明に描かれております、、、、。

  • なみき にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です