toggle

カフェ巡り

久々に受けたインタビューで、
「今、ハマっていることは?」との質問に、
何も思いつかなくて、
うっかり
「・・・・カフェ巡り」
などと答えてしまったわたくし。
 
 
 
だって、だって。
  
実はいままで、
個人的なインタビューはほとんどお断りしてたんです。
 
「並木さんのよくいくお店は?」とか
「好きな食べ物は?」とか
「どんな本を読みますか?」とか
「お気に入りのミュージシャンは?」とか。
  
 
そんなの花に関係ないわ!というか、
花のことを知ってほしいだけで、
私のことなんてどうでもいいのでは?
と思っていたんです。
  
 
 
で、
 
「お部屋を公開して下さい」って、
何度も何度も頼んでいただいた編集者の方にも、
「ごめんなさい」と言い続けて。
  
 
  
さらには、
「旅行のときのトランクの中身を公開して下さい」という
旅行のムック本の話しもお断りして。
  
  
 
  
そして、
「テレビ出演して下さい」はまったく却下。
 
だって、バラエティー番組やら子供番組やらなんです。
  
 
今後の花の動向とか、
花をどう楽しむべきかとか、
日本の花についてとか、
そうした花に対して発展的なお話ならば、
一考の余地はあったかもしれません。
  
  
  
 
 
とにかく、私個人がクローズアップされるお仕事は、
今まですべてお断りし続けて来たんです。
  
 
 
ほんとに知ってほしいのは、
「私」じゃなくて「花」だから。
 
 
  
  
 
 
その気持ちは今でも変わらないのに、
なぜか、先日、慌ただしい平日の夕方、
地域情報誌のインタビューを申し込まれて、
よく飲み込まないまま(忙しかったので)
「はいはい」と二つ返事でお引き受けしてしまいまして。
 
 
 
そして、先ほどの質問でした。
「今、ハマっていることは?」 
 
その前に
「座右の銘は?」と質問されて、
「特にありません」と答えてしまった手前、
次の質問には答えなければならないような気持ちになってしまって、
ついつい、出来心で「カフェ巡り」と・・・・、
 
  
 
ぜんぜん、カフェなんて行ってないのに。
  
でも、基本、まじめな性格なので 、
嘘をついちゃったって、懺悔の気持ちでいっぱいだったんです。
  
  
 
で。
 
 
昨日、乙女美肌室の高橋先生と、
1年ぶりにご飯を食べようということになっていたので、
先生には申し訳ないのですが、
2件のカフェ巡りにおつきあいいただきました。
 
 
1件目は吉祥寺パルコの7階にできた「PEACH JASMINE」。
高橋先生に教えていただいたお店ですが、
銀座アスターがやっているシノワ&デザートの、
90分の時間制限で食べ放題でした。
 
高橋先生はさすがに、体にいい食材だけをさくっととって、
たくさんの黒ウーロン茶をお飲みになり、
(油分をどんどん流していらっしゃるのですね)
デザートも軽いゼリー系を2個のみ。
 
う〜ん、なるほどね〜。
 
 
私はというと、すべてのお食事&デザートを
少しずついただきました。
 
 
すべてが美味しかったので、
何をいただいても満足、満足。
 
 
 
 
その後、お教室の生徒さんの間で何度も話題に上っていた
アトレにできた「ローズベーカリー」にてお茶。
 
 
パリのお店には何度か行きましたが、
いつも混んでいて、並ばないと入れません。
 
お惣菜を買うだけでも、並ばないと買えません。
 
 
吉祥寺では、まだ浸透してないから?
人はまばらで、なんとなく皆さんが遠目で見張っている感じ。
 
大好きなキャロットケーキも、
たくさん並んでました。
 
いくら大好きとはいえ、
さすがに食べ放題後ですから、
寄る年波には勝てず、今回はキャロットケーキは断念しました。
 
 
どうなんだろう?
 
パリの店では、
あの狭くてごちゃっとした雰囲気が、
スノッブなパリッ子たちのおしゃべりと解け合って、
一種独特の世界観を作り出していたように思うのですが、
吉祥寺で新たな「アトレローズ」の世界観が作り出せるでしょうか。
 
今後に期待、ですね。
 
 
 
 
それから、一応、いいわけすると、
先週、新しいカフェにも行って来たんです。
(たぶん、そのことがあって「カフェ巡り」って、
 答えてしまったんだと思います)
 
ジェンテから歩いて2分。
吉祥寺通り沿い、パタゴニアの隣。
「MUSUI」。
 
以前、ジェンテの向かいにある「ニギロカフェ」で働いていた子が、
(「子」って言っても、すでに30代後半になっているそうですが)
新しくお店を出したとのことで、
行ってみたのでした。
 
思いがけず(!)、とっても美味しくて、
食材にもこだわっている様子。
 
そして、こじんまりしていて、居心地もよく。
なんと言ってもパンがおいしくて。
(厨房で毎朝パンを焼いているそうです)
 
 
 
 
 
高橋先生と外でお食事するのもまだ2回目だし、
近所のカフェでごはん食べたこともまだ数えるくらいしかないけど、
最近、ようやく人間らしい暮らしを体験しつつあります。
 
少しだけ、普通の人になれたような気がする
「カフェ巡り」なのでした。
 
 
 
 
 ※結果、インタビューに偽りはありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2011-08-02
関連記事

コメント2件

  • sachi より:

    並木さん、素敵な休日を過ごされたようでよかったですね。
    次回、テレビなどのオファーがあった場合はぜひご出演されてください。並木さんという方の人物像を通して、お花の世界をより深く知ることができるかもしれません。 おそらく、ご本を通じて並木ファンになった方々はみんなそれを待ち望んでいると思いますよ。 お花のことを広めるために、並木さんの力が必要なのだと思います。

  • なみき より:

    sachiさん、こんばんは!
    いつも、励ましのお言葉ありがとうございます。
    花のためなら、ヒト肌でもフタ肌でも脱ぐつもりでおります。
    (脱がなくていいから!という声も聞こえてきそうですが)
    もし、花のためになることで、多少の露出が必要な時が来たら、
    次回はきちんと向き合いたいと思います。
    やっぱり、まだまだ頑張らなくちゃ!ですね!!

  • なみき にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です