toggle

母の日が終わりました

母の日が終わりました。
今年もたくさんのご注文ありがとうございました。
 
ジェンテの花が無事にお母様のお手元に届いていることを祈りつつ、
こうした状況でも多くの方にご丁寧にご注文いただけることを、
心の底から感謝いたします。
 
ありがとうございます。
 
 

 
これはご注文のアレンジです。
今回、写真が撮れたのはこのアレンジのみ。
他のアレンジや花束は、
残念ながら一つも写真に残せませんでした。
慌ただしすぎました・・・・
 
 
  
 
今年は5年前に退社したスタッフが手伝ってくれたり、
生徒さんが美味しいお弁当を差し入れてくれたり、
いつもの「ジェンテ必殺お助け隊」の出動もあり、
多くの助けをいただきました。
 
見るに見かねて、、、、という所なのかもしれませんが、
私とてしてはとても心強かったし、
ほんとにうれしかった。
 
 
そして、19歳で私のもとに来た昔のスタッフが、
5年間のジェンテでの私からのしごき(?)を経て、
今、お料理教室で講師の仕事をしているそうですが、
とても構築的に仕事を整理して、
笑顔を絶やさず、的確に素早く行動して、
時に昔と変わらぬおとぼけぶりを発揮している姿を見て、
感無量でした。
 
 
しかも彼女は、今回母の日に店頭に立つために、
事前に、自主的に2度も練習に来ました。
  
 
彼女が作ったアレンジや花束は、
たしかに5年前の私の世界観でした。
 
でも、残念ながら時は動いています。
 
彼女はそれを瞬時に察知し、
数時間で、今の花合わせを会得したと思います。
 
こういうことを、
昔取った杵柄というのかもしれません。
 
  
  
 
過去、何人ものスタッフと関わってきましたが、
こうして何人かの子たちとは、
今でもなんとなく交流があったり、
風のうわさで何をしているか耳に届きます。
 
 
そうした子たちほど、
私にたくさん叱られた子たちです。
 
きっと、悔し涙を何度も流し、
理不尽な思いもし、
自分の中での葛藤も多かったことと思います。
  
 
それでもしがみついて、
3年から5年はジェンテで仕事をして来た、
根性と明るさのある子たち。
 
 
花が大好きで、人が好き。
そして、私の生み出すアレンジを、
心から好きでいてくれた子たちです。
   
   
 
花のクオリティを保つため、
お客様に愛される店になるために、
花に対して、
接客の方法に対して、
ほんとうに厳しく指導してきました。
 
それでも行き届かないことも多く、
時折、なんでこんなことまで言わなければならないのかと、
自分の中でも大きな葛藤もありました。
 
 
普段のことは、たいへん緩やかなワタクシですが、
こと花のこととなると、
ほんとに自分でも驚くくらい神経質で厳しいです。
 
いや、厳しかったんです。
 
 
 
それが、ここ数年はほんとに怒らなくなってしまいました。
 
まあ、今いるスタッフにしてみれば、
いつも怒っているじゃないかと思われるかもしれませんが、
以前のスタッフが見たら、びっくりするほど怒らなくなりました。
 
 
こちらが年齢を重ねて来てしまったせいか、
話しが通じないことも多く、
思いがまったく行き届かない場面もたくさんあり、
本気で注意するとすぐに辞めてしまう子もいて、
だんだん、注意することが辛くなって来てしまいました。
 
そのうち、怒ることが怖くなってしまい、
体力も気力も落ちて来ている今、
一度か二度は注意しますが、
なんどもミスを繰り返されるなら、
自分でやった方がましだと思ってしまっていました。
 
 
実際、自分でやればミスも少ないし、
時間もかかりません。
 
 
 
 
  
でも、今回彼女と3日間仕事をして、
やっぱり、以前のように、
どんなに大変でも、嫌な思いをしても、
スタッフに本筋をわかってもらうためには、
やっぱり怒るべき時に、
本気で怒らなければいけないのだと思いました。
 
 
私の仕事に対しての真剣さが、
どれほどのものなのか、
心からわかってもらおうとしなければいけないのだとも思いました。
  
  
  
そのためには、
自分が健康で元気であることがまず大切です。
 
 
来週には少し休めるはずなので、
少し休養を取って、
自分を緩めたいと思います。
 
 
 
 
冬に売れ残ったシクラメンの鉢花が咲きました。
 
花を整理し、飾ったらこんなにきれいでした。
 
 

 
 
 
 
  
 
 
 
 

2011-05-09
関連記事

コメント4件

  • みっち より:

    母の日、たくさんのお母様の笑顔のために激務(?)してくださってありがとうございます。
    並木せんせいのお言葉、深いです。
    メッセージ きっちり受け止めました。
    少しでもせんせいに近づくことができたらと、思いました。
    母の日明けに、色々ほかの業務もおありでしょうに、
    更新されて、それも「さすがね〜」と感服です。
    えへへ、初コメントです。
    先日は貴重なお時間にお会いできて、楽しかったです。
    いつもありがとうございます。

  • なみき より:

    みっちさん、初コメントありがとうございます。
    先日は伊勢丹→市場→店とご同行いただきまして、
    気が緩むとまぶたが閉じてしまう私を目覚めさせてくださって、
    本当にありがとうございました。
    お互いにマイウエイを歩みつつ、頑張って行きましょうね!

  • sachi より:

    並木さん こんばんは。 まったく同感だと思ったので思わず再び書かせていただきます。 ジェンテさんのクオリティを保つには、かなり細かく神経を使われているのだろうと思っておりました。 やはり大変な思いをなさっているのですね。 私の周りでは、若い方ほど自分の存在意義を主張する方が多いので、相手を思いやったり、仕事に対して先回りして気遣うような人間が少なくなって来ているように思った矢先でした。 時代だという人もいるのですが、私は日本人が本来持っていた謙虚さや恥じらい、思いやりという美意識がなくなってしまう気がして、危機感をおぼえております。並木さんのところにいらっしゃるスタッフの方々に、並木さんの深い思いが通じるようであれば、きっとそうした美意識も引き継がれていくことだろうと思います。 長くなってしまいましたが、どうぞ健康に気をつけておからだ大切になさってください。 来週、ゆっくり休めるといいですね。

  • なみき より:

    sachiさま、コメントありがとうございます。
    楽しみにしていたお休みはやっぱりなくなってしまいました。残念!
    でも、ダイジョブです。頑張ります。
    自分が変わればいいのだろうとは思うのですが、
    生来の頑固者が災いしております。
    時代に即した生き方をしたいものですね。

  • みっち へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です