並木容子の花との毎日 ときどき書込み

ジェンテオリジナルイベント「花のこと、もっと」第2弾のお知らせです。
 
 
「Essential Flowers」〜なくてはならない花たち〜
 
<日時> 7月1日(金)2日(土)3日(日)
     11:00〜19:00(3日は18:00まで)
 
<場所>  gente(ジェンテ)店内
      東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-8
      Tel 0422-27-2688
      http://www.gente.jp/
 
<イベント内容>
 
 1、青木さんの切り花の展示販売
 
 2、並木がセレクトした花瓶たちの販売
 
 3、青木園芸の花だけを使ったワークショップ
   『Essential Bouquet』

 4、青木良平さんのお話し会
 
 
   主役ではないけれど、人の心に強く響き、
   必要不可欠な(Essential)存在の花々があります。
   そうした「名脇役」の花を作り続けていらっしゃる、
   千葉県 青木園芸さんの切り花を一同に展示販売いたします。
   2日には青木園芸代表 青木良平さんもお越し下さいます。  
   また、そうした花たちとも合わせやすい花瓶を、
   特別に並木容子がセレクトして販売いたします。
   梅雨の合間、主張しすぎない名脇役たちを飾ってみませんか。  

  
 

  
 
 
「Essential」とは必要不可欠、本質的なものという意味から転じて、
青木さんがずーっと作られている、いわゆる脇役の、
でも「なくてはならない」花たちという解釈です。
 
  
     
青木さんの花たちの、今、まさに旬の花をすべて仕入れる予定ですが、
私もそんなにたくさんの青木さんの花たちを
一度に目の当たりにするのは初めてだと思います。
 
脇役に徹しているがために、
それらだけを集めるという機会がありませんでした。
 
ただそのかわり、年間通していつもジェンテには、
青木園芸の花が入荷しております。
青木園芸の花が入ってない日があるとしたら、
それは真夏のお盆の時期くらいでしょうか。
  
 
ハーブゼラニウム、ハイドランジア。
ジェンテにはなくてはならない花たちなのです。

   
 
 


 
青木さんのブラックベリー。
ブラックベリーの切り花生産は青木さんが一番最初だったと記憶しています。
 
  
  

青木さんのダウカス。
栽培の様子を見るたびにイメージが膨らんで行く花です。

 
 

 
おなじみハーブゼラニウム。
5種類ほどご用意いたします。
 
     
 

 
 
3日間毎日、青木さんの花をご覧いただきご購入していただけるように、
たくさんの花をそろえてご用意いたします。
 
また、私としてはめずらしくすぐにお持ち帰りいただけるよう、
いくつかブーケをお作りしておく予定です。
花瓶と合わせていただけましたら、
そのままご自宅に飾っていただくことができますよね。
 
 
 
 
 

さらに期間中、毎日ワークショップもご用意しています。
全て満席となりました。
ありがとうございます。
  
  
 
*青木園芸の花のみでブーケを作る ワークショップ
 「Essential Bouquet」
 

(当日の花材はこの画像の通りではございませんのでご注意ください
 また、ブーケの中にはハイドランジアは入りません)
 

 それぞれの花の特徴や見どころをお伝えします。
 その花たちの中からとっておきの自分だけの主役を決定していただきます。
 そして、その脇役たちをどのようにして主役へと導いて行くのか、
 その方法もお教えします。
 ナチュラルで気負いの無い花束を作りましょう。
 
<日時>7月1日(金) 15:00~16:00   満席となりました
    7月2日(土) 13:00~14:00 満席となりました
    7月3日(日) 11:00~12:00  満席となりました
    7月3日(日) 13:00~14:00 満席となりました
6/30現在
 
<料金>10,800円(花瓶付き 受講料 花材費 税込)
 
  ※要予約・事前入金→ご予約はこちらから☆
   
 
■キャンセルについて
<ワークショップ>
*花材は事前に発注予約しております関係上、
 お申し込み後のキャンセルは基本的にはできません。 

*やむを得ない理由で欠席される場合は、
 花材を翌日までに引き取りにいらしていただくか、
 宅急便でお送りいたします(送料分は着払いが可能です)。
 また、作品にしてお送りすることが出来ません事をご理解ください。
 お友だちやご家族等、替わりの方のご参加は可能ですのでご相談ください。
  
  
  
 
そして、なんと!
青木さんとのお話し会も予定しています。
  

 
 
*青木良平さんとのお話し会
生産者の方ならではの貴重な花々の一歩踏み込んだお話しはもちろん、
青木さんの花々への思い、魅力など余すことなくお伝えいたします。
ナビゲーダーは並木容子が務めます。

満席となりました、ありがとうございます。
 
<日時> 7月2日(土)14:30-15:30 (延長の場合がございます)
 
<料金>3,000円(税込)★特典:青木さんの切り花をプレゼント

 
 ※要予約・事前入金→ご予約はこちらから☆
 
■キャンセル規約
<お話会>
*プレゼントのブーケを事前にご用意します関係で、
 お申し込み後のキャンセルは基本的にはできません。 
*やむを得ない理由で欠席される場合は、花材を後日取りにいらしていただくか、
 宅急便でお送りいたします(送料分は着払いが可能です)。
 また、お友だちやご家族等、替わりの方のご参加は可能ですのでご相談ください。
    
 


青木さんのお話が直接伺えるなんて、ほんとに有り難いことです。
私がナビゲートさせていただく予定ですが、
話が脱線しないように注意しないといけませんね。

 
 
 
 


実は青木さんとはかれこれ15年以上のおつきあいになります。
 
まだ20代半ばの青年だった青木さんの、
「主役じゃない花を作りたいんですよね」という言葉通りに、
アイビーやダスティミラーシリウス、ヘリクリサムやミントなど、
すてきな脇役たちをたくさん生み出して下さいました。
 
今はそれらの花たちの生産はされていません。
それらを卒業されたと言ってもいいのかもしれません。
 

私は、いまでも初めて見たダスティミラー シリウスの
ハウスの中の美しさが忘れられません。
どこまでも続くシルバーの葉のもくもくした世界。
まっ白い雲がどこまでも連なっているような、
まさに夢のような世界でした。
 
 
その後2004年に、私はオランダのホリティフェアという
世界最大のプロの切り花生産のイベントに出かけたのですが、
どこから聞きつけたのか、青木さんからお電話をいただきました。
「並木さん、オランダ行っていたんですよね?
 ボクもオランダに行っていて、アジサイにすごく心魅かれたんです。
 どう思われますか?」
と私が見て来たアジサイの感想を聞かせてほしいとのことでした。
 
 
当時は、いわゆる秋色アジサイという名のヨーロッパで品種改良された、
花びらの一枚一枚に厚みがあって、
開花からしばらくすると花びらの色が変化して、
アンティークのような色になるこのあじさいは、
ヨーロッパ生産(特にオランダ)が主流であり、
日本での生産は不可能だと言われてました。
すべて輸入品だったのです。
   
 
そのアジサイにチャレンジしようと言う青木さんの心意気。
本当に素晴らしいと思いましたが、
心配な気持ちもたくさんありました。
   
もちろん青木さんのことですから、
私以外のたくさんの方達のご意見を伺ったり、
実物をご覧になったりしたことと思います。
  
  
そしてまもなく、青木さんは個人でアジサイの苗の輸入を始められて、
ハウスを造り、いよいよ生産を始められたのです。
  
 
文字通り山あり谷ありの日々だったと思います。
 
でも、年を追うごとに仕上がりが良くなって行くのは、
親戚の子が大きくたくましくなって行くのを見続けているような、
うれしさや感動がありました。
 
  
今は、日本を代表する大きな生産地になって、
アジサイのハウスだけでもものすごい数です。
  
 
そんな青木さんの思いがたくさん詰まった花たち。
ぜひこの機会にお手に取ってご覧いただきたいと思います。
 
 
 
  
なお、イベント期間中、
通常の花束やアレンジメントのご注文はお受けしますが、
仕入れは青木さんの花が中心ですので、
お早めにご予約いただけますと幸いです。
 
   
   
生徒さんにはメルマガを。
ご住所をお伺いしているお客様にはお葉書をお送りしました。
 
  
ぜひ、お越しいただいて、日本の切り花生産の最前線を
目の当たりに感じていただければと思います。
 
 
あ、花瓶のことは、また改めてアップしますね!
 

 
 
 


 


 

2016-06-23 | 「花のこと、もっと」 | Comments (0)

母の日のご注文受付開始いたしました。

こちらからお申込ください → 母の日ご注文
 
今年も出来る限りに多くの方のご注文にお応えしたいと思いますので、
どうぞ、お早めにお申し込みくださいませ。
 
 

2016-04-15 | お知らせ | Comments (0)

ジェンテで毎週定期的にご用意しいる、
高知まるふく農園さんのオーガニックハーブのブーケ。
そのハーブに対する想いが募りすぎて、何度か高知に足を運ぶうちに、
大勢の仲間たちとも知り合うことが出来ました。
  
 
高知へ伺うたびに感じていた幸せ感。
それを一人でも多くお方々に感じていただきたくて、
今回初めてイベントを企画いたしました。
  

「花のこと、もっと」のイベント第一弾として開催いたします。
(「花のこと、もっと」の詳細はこちらへ → * 
  
  
 
 
 
「Fell the herbs」 高知 まるふく農園とその仲間たち 
 
 
日時:4月1日(金)2日(土)3日(日)  11:00 ~ 19:00
 
 
場所:gente(ジェンテ)内
      〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-8
      電話0422-27-2688 Fax 0422-27-2688 
       info@gente.jp
 
 
 
高知からご参加いただけるのは以下の方々です。
  
楠瀬健太さん まるふく農園さん ハーブ生産者
  
下本一歩さん 竹細工作家    竹のカトラリー
  
深田名江さん Equivalent 料理家 ランチプレート
  
真鍋久美さん まなべ商店店主  高知のおいしいものたくさん
 
  
  
毎日、まるふく農園さんの苗や切り花、
一歩さんの竹のカトラリーや
久美さんが集めて来て下さった美味しいものの販売がございます。
 
そして、ハーブ苗に関しては、
寄せ植えなどのレッスンもしていただくことになりました。
その場で選ばれたハーブを一つの鉢に植え替えて、
キッチンやベランダでお楽しみいただけるかと思います。
 
ハーブティーの試飲会は、なかなか東京では体験することのできない、
フレッシュハーブを使った健太さんのオリジナルレシピで。
ハーブのことやお茶のことなど、何でもご質問ください。
また、名江さんのハーブを使ったスィーツをおつけいたします。
 
深田名江さんのランチプレートは、高知の食材にこだわった、
味わい深いお料理です。
高知ならではの滋味をお楽しみいただければと思いますし、
フェアリーのような名江さんからレシピを教えていただくのも素敵です。
 
 
さらに、ハーブでリースを作るレッスンもいたします。
 
  
様々な企画にぜひご参加ください。
  
 

☆楠瀬健太さん(まるふく農園)
 
 ハーブ苗 販売 ハウスから直接届いたハーブをお楽しみください。
        普段は流通されていないとっておきの苗も
        ご用意いただく予定です。
 
 寄せ植え体験 その場でお選びいただいてた苗を使っての寄せ植えレッスン。
        ご希望の方は当日お声掛けください。
 
 ハーブティー試飲会  健太さんが目の前で入れて下さる
            フレッシュハーブティーをお楽しみください。
            (名江さんのハーブスィーツ付き)
 
            1日 15:00~16:00 満席となりました
            2日 16:00〜17:00 満席となりました
            3日 15:00~16:00 満席となりました

           
 
 
 
 
☆下本一歩さん (竹細工作家)1日、2日のみ在店
 
 高知の竹を使ったカトラリー販売。 現在ヨーガンレールの社員食堂で
 公式採用されるなど、さらに活躍の域を広げている下本一歩さん。
 人気が高すぎるが故になかなか手に入らないカトラリー類を今回は特別に
 制作していただきました。 数に限りがありますので、お早めに。
 
  
 
  
☆深田名江さん(Equivalent)料理家
 
 高知の食材とハーブを使った、
 花のように美しいランチプレートをお楽しみください。
 
 1日(金)13:00~14:30 満席となりました
 2日(土)12:00~13:30 満席となりました
 2日(土)14:00~15:30 満席となりました
 3日(日)13:00~14:30 満席となりました
 
 
  
 
 
  
☆真鍋久美さん(まなべ商店)1日のみ在店、直接販売
 
 高知の美味しい物は久美さんにおまかせ。直接訪ね歩いて集められた
 美味しいものをたくさん持って来て下さいます。
 売り切れ必至のフルヤジの「パクチーオイル」や「畑のラー油」をはじめ、
 IKU FARMのピクルス、花の香りのお茶など、
 高知ならではをお楽しみください。
 生産者さんを訪ね歩く久美さんだからこそのセレクトですし、
 久美さんに教えていただく料理のレシピは、
 聞いてるだけでご飯が食べたくなるような素晴らしさ。
 絶妙な会話をお楽しみください。
 
  
  
 
☆並木容子のワークショップ 「オーガニックのハーブリースをつくろう」
 
 まるふく農園さんのオーガニックハーブを使って、
 壁に掛けてもテーブルの上でも楽しめるリースを制作いたします。
 
 1日(金)11:00~12:00 満席となりました
 1日(金)17:00~18:00 満席となりました
 3日(日)11:00~12:00 満席となりました
 3日(日)17:00~18:00 満席となりました


レッスン代:8,640円(税込)
 *花ばさみ、お持ち帰り用の袋など各自ご用意ください。
 
           
 
 
 
 
イベントの内容は、フェイスブックで随時お知らせいたします。
 
gente facebook → 
(どなたでもご覧いただけます)
 
 

 
さあ、いよいよ始動です。
どうぞ大勢の方にお越しいただければと思います。


 

 
 
 
 

2016-03-14 | 「花のこと、もっと」 | Comments (4)

私が今の店に引っ越しをして来た理由の一つ、どうしてもやりたかったこと、
それは日本の花についてもっともっと多くの方に知ってほしいということでした。
  
 
花屋をはじめて20年以上経った私の、
驕った言い方をすれば、
花に対するすべての情報と知識と経験を、
一人でも多くの方に知っていただきたい。
それはつまり、
花と一緒に毎日を過ごす楽しさを豊かさを感じていただき、
それを通じて、日本の花を愛してほしいということです。
 
それは、ただ花を売ったり、アレンジを作ったり、
雑誌に載ったり、本を書いたりする、
私からの一方通行のお知らせだけではなく、
みなさまにも体験・体感していただきたいと思ったのです。
 
花に触れたり、香りを嗅いだり、食してみたり。
花にまつわる、思いつくこと限り、
私の狭いネットワークを駆使して、
様々な想いを試してみたいと思ったのです。
 
 
そして、今、いよいよそれを始めてみようと思います。
「花のこと、もっと」。
この気持ちをそう呼んで、
これから様々な催しを行なって行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
< 花のこと、もっと >
 
 
美しくパワー溢れるこだわりの花をもとめて、
休みの度に日本各地の花の農家さんを訪ね歩きました。
 
そのたびにその丁寧な仕事に心震え、
日々の探究心、真摯に花と向き合う姿に感動しました。
花を育てる人々の心の温かさや豊かさは、
日本人としての日々のくらしの中にこそあったのです。
 
 
また、都会のあわただしい暮らしの中で、
切り花こそがまさに、生活に彩りを添えるものであるということも、
多くの方に体感していただきたいと思っていました。
 
たった一輪の花が部屋にあるだけで、そこに息づく生命を感じ、
空気が和らぐのを感じていただけるでしょう。
もしも、季節の花が入ったブーケをプレゼントされたら、
ちっぽけな心の痛みはすーっと消えてしまうでしょう。
それどころか、花屋で素敵な花を買って帰る道すがらに、
何もかもが美しく、世界中が輝いて見えるというような経験を
されたことがある方もいらっしゃることでしょう。
 
 

毎日店頭に立って花を販売していても、
どうしてもお客様に伝えきれないことがあります。
 
gente は 2016年の移転を機に、
これまでの思いを少しずつ形にして行きたいと思い、
不定期のイベント<花のこと、もっと>を企画いたしました。
 
 
生産者や市場、作家さんなどのみなさまにご協力をいただきながら、
genteでしか出来ない試みを、ぜひお楽しみいただければと思います。
 
 
 
                  gente 並木容子



2016-03-10 | 「花のこと、もっと」 | Comments (0)

今日は定休日ですが、撮影があり渋谷まで。
  
同じスタジオで花の方の撮影が1時間おきにあるとのこと。
  
私の後に何人もの大御所が続いていて、
いつまでもペーペーの私は少しでも緊張を和らげようと、
朝一番を希望して9時半からの撮影でした。
  
 
後から来た人が待っている、、、という図は、
私にとっては相当なプレッシャーですから、
とにかくとっとと撮影をしていただいて、
荷物を車に運ぶと、なんと!まだ11時前。
  
 
  
 
 
次の仕事まで、あと3時間はあります。
  
ふふふ。
以前から気になっていた東急Bunkamura での
「ラファエロ前派展」を見に行っちゃおー!ということで。
  

 
この写真は「写真OK」のミレイの作品のパネルです。
 
  
 
 


 
パネルなのに、このドレスの質感!
シルバーの絹のドレスにベルベットの赤のリボン!
美しい、美しすぎます!
本物はもっともっとすごいです!

 

  
 

 
 
実は私の大学での卒論テーマは
「青木繁とラファエロ前派」でした。
  
 
青木繁を主に書こうと思っていたのですが、
どうしても関わりのあるラファエロ前派が気になって、
そちらを調べていたらあまりに壮大で切りがなく、
もうシッチャカメッチャカな論文になってしまいましたが、
それでもなんとか卒業できたので、まあよしとしましょう。
 
 
 
あの時代(30年ほど前ですね、いやだわ〜)、
なにかを調べる時、資料は本しかなかったのですね。
 
今みたいにネットがあったら、
そして、こんな風に世界中の絵画が常に日本に来ていたら、
どんなに卒論は楽だったでしょうか。
 
ロセッティとかミレイなんて、
あの頃はあまり日本ではメジャーじゃなくて。
 
バーンジョーンズとか、ウォーターハウスとか、
本当に美しくて大好きでした。
 
 
美術館に足を運び、
図書館にとにかく通って、
国会図書館も何度も行きました。
 
  
 
 
ラファエロ前派の作品の多くが、
リバプール美術館にたくさん所蔵されていることはわかっていたのですが、
あの頃の私にはヨーロッパってとってもとっても遠くて。
 
そういう意味でもイギリスは私の憧れの地でもあったんです。
 
 
 
というわけで、そのあとの仕事もあったので、
長時間じっくりとは行きませんでしたが、
何度も私が見たいと思っていた作品は生で見ることが出来まして、
こんな時代が来るなんて、本当に幸せなことだと思いました。
 
  
 
 
ミレイの「林檎の花咲く頃」という作品は、
生で見るとその林檎の花のたわわな感じや、
髪飾りの美しさに目を奪われます。
  
 
職業柄、どうしても植物が描かれていると、
しっかりとその細部まで近づいてみる癖がついてしまって、
今回も異様に林檎の花に近づく私でしたが、
他の草花たちも本当に美しくて感動的でした。
 
 
林檎の花と言えば、「赤毛のアン」の中で、
プリンスエドワード島に初めて到着した時、
林檎の花のトンネルをくぐって、
うわー!って感動するアンの様子が描かれていて、
とっても印象深かったのです。
 
林檎の花って一斉に咲くと、
天使が舞うくらい幸せに感じるんだろうなと、
幼い頃から思っていました。
  
あらら・・・
脱線しました。
 
  
 

 
Bunkamuraのプロデューサーは、
大学時代に博物館学を教わっていた木島俊介先生で、
先生は今ポーラ美術館の館長にもなられましたが、
先生から教わった西洋美術の世界は本当に素晴らしかったのでした。
 
 
モネとかピカソとか、ゴッホなどの、
誰でも名前だけは知っているような画家のことはもちろん、
まだその頃はあまりメジャーじゃなかった
ターナーとかバーンジョーンズとかフェルメールのことも、
とにかくたくさんの世界を教えて下さいました。
 
当時、まじめじゃなかった私にとって、
その中でも楽しめる授業が木島先生の西洋美術論であり、
鹿島茂先生のフランス文学(という名の、パリの雑多な話)の講義でした。
 
 
 
卒業時には学芸員の資格も取れて、
どこかの美術館にでもお勤めできたらいいなぁ、
そして、誰か素敵な人と結婚して、
新婚旅行にヨーロッパで美術館巡りできたらいいなぁなどと、
おどろくほどぼんやりしていた私でした。
 
案の定ぼんやりしすぎて、
美術館への就職ってどうすんのかなぁと思っているうちに
ぜんぜん別の会社に就職することになるわけで、
紆余曲折のこんな人生を過ごすとはね〜
 

 
あの頃の先生たちは、
こんなぼんやりした学生のことは覚えていらっしゃらないのですが、
もし覚えていらっしゃったとしたら、
あのぼんやりが、こんなことになってるって、
ほんとに驚くと思います。
 
あ、そうでもないですかね、
相変わらず仕事以外では本当にぼんやりなので。
  
 

それにしても、30年以上前から、
色とか質感とか、妄想とか暴走とか、
もう、そういう片鱗が自分にあったのだなぁと改めて思いました。
 
やっぱり、本物を見るって大事なことですね。
 
 

 
 
 

 
 

2016-02-23 | 思うこと | Comments (0)

※ 2016年のスクールはすべて満席になりました。
 
※ 引き続きスタッフを募集しております。
   
  
  
先日、日本橋三越にて行なわれております、
手芸界の巨匠 下田直子さんの回顧展を拝見いたしました。
 
もちろん伺う予定ではいたのですが、
ちょうどお祝いの花のご注文も受けましたので、
定休日の月曜日の午前中にアレンジを搬入。
 
あくせくしながら会場へと足を運びました。
 
開店間もない会場入り口はすでに行列ができて、
途切れること無く大勢の方が入場されていて、
その人の多さにまずびっくりしまして。
 
入り口にてご注文の花を三越の方の指示に従いセッティングして、
いよいよ会場に入りますと、
とにかく大勢の人、人、人・・・
 
まあ、何重にも重なる人の波の間を漂うように、
およそ400点以上あるという作品たちを拝見いたしました。
 
 
  
 
とにかく、圧巻です。
  
 
 
素晴らしい!なんてもんじゃありません。
  
 
 
この世に、こんな作品たちが存在しているのか!という驚きと、
これらを「手芸」と呼んでも良いのか?!という疑問と、
 
 
とにかく、感動的で心を揺さぶられる展覧会です。
 
  
 
 
作品の一つ一つが驚くほどの丁寧さで、
緻密な計算のもとに作られていることがわかります。
  
 
 
そして、その色合わせ、素材合わせの素晴らしさ!
洗練を極めた極上のセンスです。
  
 
それよりなにより、その作品の発想そのものに、
本当に驚きました。
感動いたしました。
 
(さきほどから同じ言葉しか書いてないような気がします。
 ボキャブラリー不足は否めません。)
 
  
 
 

吉祥寺在住の下田先生は、
ごくたまにふらりとジェンテにいらして下さって、
「ああ、いいわね」
「素敵だわね」
「かっこいいわね」
などと、店内の花たちを褒めて下さいます。
 
 
そして、これまでも先生の個展の花を頼んで下さったりと、
上手に距離を保ちながら、何かの時にお声をかけて下さっていました。
 
  
 

 
今回、本当にたくさんの下田作品を間近で拝見して、
様々な感情に揺さぶられました。
 
 

驚きや感動の波は、かつて無いほどの大きさです。
本当に美しくて素晴らしい。
  
  
 
そして、ふと我に返って、
自分自身に対しての落胆の気持ちは大きく、
私はいったい今まで何をしていたのか・・・
とがっかりしたもの事実です。
   
  
  
さらに、こんなに飛び抜けて素晴らしい方と、
同じ街に住んでいるということに対しての、
よろこびと誇りを感じています。
 
 
吉祥寺の東急裏というこの環境で、
規模や程度は違えど、
色合わせ、素材合わせを考えての創作活動をしているということが、
自分自身への落胆の気持ちを覆すほどの誇りとなって、
もちろん、下田先生には及ばないけれど、
私は私の道を進んで行くのだ!という気持ちになっています。
  
 
少し先に、輝かしいお手本があるって、
恵まれた環境だと思います。
すばらしいことだと思います。
 
 
永遠に追いつかないとは思いますが、
下田作品から感じた作品に対して真摯向き合う気持ちを
改めて持ち続けたいと思いました。
 
丁寧に、
緻密に、
まじめに、
しかもセンスよく、
どこか懐かしく心に寄り添うようでいて、
でも、どこにもないもの。
 
 
  
吉祥寺の街で育まれたその感覚を、
私も別の形で引き継いで行きたいと
おこがましいながら思います。
 
 
 
まだご覧になっていない方はぜひ、三越にお運びください。
手芸とか、女性とか、手仕事とか、
そんな枠を大きく超えて、
日本の財産となる作品たちです。
 
 
同時代に生きていられることをうれしく思える、
そんな展覧会です。
 
 
「下田直子 ハンドクラフト展 -手芸っておもしろい!-」
 
2016年2月3日(水)~15日(月)
日本橋三越本店新館7 階ギャラリー
午前10時~午後6時30分[午後7時間場]
※最終日は午後5時まで[午後5時30分閉場]

 
 

 
 

2016-02-12 | 思うこと | Comments (0)

誠に勝手ながら、外仕事のため、
2月13日(土)の営業は11:00〜14:00までとし、
ご予約のお引き取りのみの営業とさせていただきます。
 
2月14日(日)は通常通り営業いたします。
 
ご迷惑をおかけいたします。


 
 

2016-02-11 | お知らせ | Comments (0)

改めまして、スタッフを募集いたします。
 
 
< 募集要項 >
 
 
勤務日及び勤務時間:週に 2〜5日勤務(不定期)、8時間前後(変動)
 
日給:能力に準じます。
 
応募資格:経験者を優先します。
     花のこと多少なりともわかる方が希望です。
     40歳以下の方で男女は問いません。 
     普通運転免許が必要です(ペーパードライバーは不可)
   
     将来的に花の仕事をしようと思っている方。
     または、花のことをもっと知りたいと思っている方。
     (それによって勤務日数を考慮いたします)
 
 
仕事内容:店頭業務が中心ですが、
     事務仕事などのパソコン業務も含みます。
     店頭販売、スクールのアシスト。
     撮影やイベントへの同行アシスト。
    
     試用期間あり。
     
 
 
 
応募要領:履歴書と今回志望の動機を書いたA4サイズの用紙を同封の上、
     郵便でお送りください。
 
     180-0004
     東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-8
     ジェンテ
 
     面接まで進んだ方のみご連絡いたします。
     お返事が無かった場合はご縁が無かったとご理解ください。
     なお、応募の際にお送りいただいた書類はお返しできません。
 
 
 
では、良い出合いがありますように。
 
 


 
     
 

 

2016-01-29 | リクルート | Comments (0)


 
 
新たな場所で新しい年を迎えました。
 
 
気持ち良く、生き生きと、
 
花とともにまいります。
 
 
 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
2016年1月1日    ジェンテ 並木容子

2016-01-01 | Shop Info | Comments (0)

 ☆ すべてのクラス、満席になりました。 ☆
 ☆ キャンセル待ちなどのご希望の方は、 ☆
 ☆ メールにてご連絡くださいませ。   ☆

  


ようやくすべての条件が整って、
新しくクラスを立ち上げることができるようになりました。
  
 
2016年新規レッスン募集を開始いたしました!!



  
 
こちらのページを開いて、PDFをダウンロードして下さい!
    ↓   ↓   ↓   
ジェンテフラワーアレンジメントスクール2016 
 
 

 
シャルロットもいよいよお目見え。また今年も会えたね!
   
  
実はこのブログを書いている間にもお申込をいただいてしまって、
すでに満席のクラスも出てしまいました。
 
お申込みはお申込書にご記入いただき、
ファックスかご郵送いただければと思います。
 
一応、クラスの空き情報をお問い合わせくだされば幸いです。
  
 
 
     
  
1月から新しいお稽古を始めるのは初めての経験ですが、
花の持ちが良く、球根花が本当に美しい時期。
大好きなラナンキュラスやチューリップたちを、
たっぷりと楽しめる、花にとっては素晴らしい季節です。
 

Basicクラスはカリキュラム的には本当によくできていて(自画自賛)、
ステップアップの内容ながら、
みなさまには楽しんでお稽古していただけますし、
深く学びたい方にとっても、
より奥深くの情報をお伝えできるようになっています。
 
 
私の作るアレンジメントは、ぱっと見た目はとても簡単そうで、
あまりテクニックが必要ないように見えるそうです。
 
 
ジェンテの生徒さんが最初に悩ましい気持ちになるのは、
その「簡単そうに見えるのに実は、、、、」というギャップらしく。
  
  
 

マニュアルに出来ないご指導方法になっているのは、
各々が持つ感情や感覚、
いわゆる「感性」を大事に育てて行きたいからです。
 
 
規格的なアレンジメントを作るなんて、
私にとっては何も意味をなさないのです。
  
 

各々が思う一番素敵な部分をより際立たせることのできる、
ドラマチックなアレンジメントを作ることができるように、
ご指導してまいります。
  
    
 
年末のお忙しい時期ですが、
どうぞよろしくご検討ください。
 
   
 

2015-12-20 | スクール | Comments (0)
7 / 2016
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Category
Recent Comments
Fell the herbs まるふく農園とその仲間たち
なみき (16.03.16)
Aoyagi Sachiko (16.03.16)
久戸瀬 泉 (16.03.16)
東京堂クリスマスディスプレイ
なみき (15.09.05)
Toshihiro Uchida (15.09.01)
2016年06月 (1)
2016年04月 (1)
2016年03月 (2)
2016年02月 (3)
2016年01月 (2)
2015年12月 (2)
2015年11月 (3)
2015年10月 (4)
2015年08月 (1)
2015年07月 (2)
2015年06月 (1)
2015年05月 (2)
2015年04月 (3)
2015年03月 (2)
2015年02月 (4)
2015年01月 (2)
2014年12月 (3)
2014年11月 (2)
2014年10月 (2)
2014年09月 (2)
2014年08月 (2)
2014年06月 (1)
2014年05月 (4)
2014年04月 (3)
2014年03月 (4)
2014年02月 (4)
2014年01月 (4)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (2)
2013年09月 (3)
2013年08月 (4)
2013年07月 (3)
2013年06月 (4)
2013年05月 (6)
2013年04月 (3)
2013年03月 (2)
2013年02月 (3)
2013年01月 (6)
2012年12月 (3)
2012年11月 (3)
2012年10月 (2)
2012年09月 (5)
2012年08月 (5)
2012年07月 (5)
2012年06月 (5)
2012年05月 (7)
2012年04月 (8)
2012年03月 (6)
2012年02月 (6)
2012年01月 (4)
2011年12月 (10)
2011年11月 (6)
2011年10月 (6)
2011年09月 (5)
2011年08月 (5)
2011年07月 (5)
2011年06月 (5)
2011年05月 (9)
2011年04月 (9)
2011年03月 (10)
2011年02月 (6)
2011年01月 (7)
2010年12月 (10)
2010年11月 (6)
2010年10月 (7)
2010年09月 (3)
2010年08月 (2)
2010年07月 (4)
2010年06月 (2)
2010年05月 (5)
2010年04月 (5)
2010年03月 (3)
2010年02月 (3)
2010年01月 (6)
2009年12月 (3)
2009年10月 (4)
2009年09月 (4)
2009年08月 (3)
2009年07月 (4)
2009年06月 (3)
2009年05月 (5)
2009年04月 (3)
2009年03月 (3)
2009年02月 (1)
2009年01月 (4)
2008年12月 (5)
2008年11月 (3)
2008年10月 (5)
2008年09月 (3)
2008年08月 (3)
2008年07月 (4)
Powered by
Movable Type 3.35